FC2ブログ

備中高松城水攻め 築堤遺跡

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
07 /07 2013
浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残し
 
☝ 清水宗治 辞世の句 
刻んだ石碑も 首塚もある
この城跡周囲堀に甦ったハスの花

 

自分の命と引き換えに
主家 毛利家に 忠義を 貫き
多くの城兵を救った 宗治の潔さ

秀吉が 武士の鑑 と 称賛 したとか。
 
下剋上の世 とか 今日の味方は明日の敵
な 動乱の世
女 子供 民衆・・・が 翻弄された 荒んだ国盗り合戦の時代

私は 葉ばかり目立つ 高松城址から
水攻め築堤跡 (みずせめちくていあと)に 向かいました
 
 
 

遠くに 最上稲荷の大鳥居が見えてますね
わかるかなぁ・・・・☟ コンデジ撮影です・・・・とほほ。

 
平成10年(1998年)の4月から5月にかけて
水攻め築堤状況を確認するため
発掘調査が行われました。
      略
現在の水田下1mの所で
基底部(きていぶ)が確認されました
 堤防の盛り土は 周辺の丘陵部から 運び込んだとみられる
花崗岩風化土(かこうがんふうかど)が主で
その土層からは 陶磁片や五輪塔の断片 骨片などが
出土しました
盛り土の最下層では 杭列(くいれつ)などとともに
土俵(つちたわら)の痕跡が確認され
築堤の基底部の様相が明らかになりました。
 また さらに その下は 深い粘土層が堆積しており
築堤以前には一帯が湿地であったと判断されました
 
☝ との 説明書き あり。☟
 
 
 

 

 

 
 

 
 

 
 
 
 
今は 公園になっている

人いない地に二人立って
 12日間で築いたんだって
 ぼっけぇ えれぇめ したんじゃろうなぁ
 
 近隣の住民も駆り出されてなぁ・・・
 
 な~んて 話しながら 

当時のそうそうたる武将
加藤清正 羽柴秀長 黒田官兵衛・・・・
歴史ロマンにしばし浸りました
 
 
 
虫めがねで 配置図見てくださいねぇ (^-^)
 
毛利陣営 秀吉陣営 にらみ合い状況?の図☟
 

おお あそこに 秀吉が
おお あそこに 官兵衛が
このあたりに 清正じゃ (^-^)
  

 
 
菜園に行ってきます また 夜に~ 



 
 

 
 
 

 
 
    素敵なラインは うしちこ母さん作です
 
 
     吉備津神社 ハギ 達磨太陽 岡山県 
    ひまわり 倉敷 広島東洋カープ
関連記事
スポンサーサイト



峠 美千子

峠美千子ブログへようこそ!

ひろ~い?世間の片隅の 
 小さな山里住民です。
 
 残り少なくなった日常を
 愛おしく 大切に 
 歩いています

 残った 残ったで 今 現世に。
 落っこちたら あの世
 
 きわどい吊り橋
 揺れ揺れ~なんですよ~

 でも 昨日があって 今日がある 
 この 今に ありがたや~

 明日は・・・・???

 不定期更新ですが

仲良くしていただけたら 嬉しいです