FC2ブログ

母の紅葉見物?

小箱
12 /04 2011
実家に行ってきました
木曜日だっかなぁ
電話したら 
けっぱんついて(つまづいて)
おもいっきり こけた 
って ショボン
折れては無いらしい って 言う声もブルー
 
 
気になりつつ わたしもあれこれあって。
 
晴天の今日出かけると 明るい母がいました
やれやれ。
 
二人で 坐ってあれこれ 話 食事し 
帰ろうかと 外に出たら
遠くの山の紅葉が綺麗で。
 
山が綺麗になったなぁ
 
って 言ったら
 
わたしゃぁ 紅葉みにいきてぇなぁ おもようたんじゃ
ほんまじゃ ここから みえる。 
綺麗じゃなぁ
 
 
おかあさん 一寸 こっち移動(右側)したら
また違った山の綺麗がみえるで
 
ほんまじゃ
 
ぱっと明るく笑う。
 
毎日 上を見ることも
遠くを見ることもなく
目先の用事こなすだけが精いっぱいになってきたんだなぁ
 
小さな母をみつめながら
 
お母さん 感謝してる?
ほしいなぁ って 思うものが 自分の意思で食べれて
お金も困らずに其の日が送れて。
ねこまず ボケもせず 健康で老いとるって
今まで いっぱい 苦労したお母さんに
神様がくれた最高のプレゼント
感謝しねぇよ
 
わたしゃぁ 毎日 ありがたいなぁ 思うとるでぇ
 
あれも これもと 菜園から 冷蔵庫から
探して 持たしてくれたけれど
 
おかぁちゃんの紅葉見物になったんかなぁ
 
暖かくなったら 桜でもみに連れて行ってあげれるかなぁ
 
84歳 健康に 健やかに 老いて 枯れて いってよなぁ
 
ひとりぼっち 老いと向き合う母に娘は心でそっと呟きました
 
 
 
☟ 山里の紅葉
   実家の山も こんな 感じでねぇ
   あっちも こっちも ほんま 綺麗になっとる
   って 母は笑顔でした。
 

 
 
お蜜柑も熟れて ます☟
 

関連記事
スポンサーサイト



峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

日々 出来なくなってゆくこと増える 自分見っけの
  楽しくも 哀しい? 日記です