FC2ブログ

倉本聰さんの疎開先を探して・・・浅口市金光

日記
02 /03 2016
数年前 地元新聞記事で読んだ 倉本聰の疎開先
2月2日 出かけてみました


母が31日 少し体調おかしかった と姉から聞き心配になって 実家に出かけた帰りに ナビ様にすがって。


ふむふむ ここに案内板
 

 
 細い道 不安なので ゆっくり運転 で 到着 寂光院
 

 
 

 
静かでねぇ 慎ましやかに 梅が咲いていました

 




寂光院さんの駐車場に車停めさせていただき
案内板に添って てくてく





 



家の入口に立てられた
アルミ複合板の縦70センチ、横95センチ、高さ165センチ
の案内板





☟のように書かれています
僕の父は岡山県勝山の出身である。
本名は山谷。屋号を蔵元といったので
倉本というペンネームにした。
父の縁から僕自身、昭和二十年 金光町に疎開した。
金光町大谷字別所
寂光院という名前のあるどんづまりの一軒家
当時小学校5年生で 初めて一年生に入学した妹を連れ
三十分程の道のりを 吉備校舎といわれた国民学校へ 通ったのだが・・・・
僕にとっては 何といってもこの山村の一年は強烈新鮮な記憶となって灼きつく
 
 一軒家は 建て替えられていて 当時のお家ではありません
山茶花が咲き

 チチッ チチッ と鳴く 野鳥の声が心地よかったです

 
たった一年の生活体験が 
その後の名作の下地になってるんですねぇ

 私も たった一年だけのお付き合いで 
 未だに 心親しく思える友がいます

 あんた 考えたら あんたと一緒に過ごした時間
たったの一年なんよねぇ
って いつか いわれて そうだった って。

 丁度 昭和からの遺言 さらっと読んだの
 その 中の あとがきにそえて  深さの記憶 から☟
昭和 
その時代に様々な事変があり
暗い記憶もいろいろ刻まれたが
それらは常に 痛いものは痛く
辛いものは 辛く
楽しいものは 楽しく
だがそのいずれもが決して浅くなく
適切に深く刻まれた気がする

 
吉備津神社 出雲大社 ハギ 達磨太陽 
     倉敷    広島東洋カープ 岡山県 カラス
        豊臣秀吉 黒田官兵衛 ひまわり おしどり

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

> 未来529676さん こんにちは
ありがとう
もう 高齢 88歳なんで。
強い気持ちだけで 生きてるような母です
尊敬しています

優しいコメントありがとう(^^♪

No title

お母さま 大丈夫ですか?
お大事になさってください

No title

YNさんへ
私 リコメで☝
お母様は この疎開先金光で亡くなられたそうです
って書いたけれど 大間違い
今日午後からテレビ 聞いていたら
勝海舟脚本のころ亡くなられたそうです
ここに 訂正コメです

No title

> kitakazeさん こんにちは
ペンネームの由来は☝そうだそうです

寂光院 お寺さんになんかふさわしい響きある
お名前ですものねぇ

No title

こんばんは。
蔵元が倉本ですか、そんな物かも知れませんね!!
寂光院と言うな愛知にもあります。

No title

内緒さん いつもありがとうございます

今日は七割死んでます 頭がふらふらです
おやすみなさい

No title

> ミント009(mintominto)さん おはようございます
舗装はされていたけれど 細い道
きっと 当時はでこぼこの道だったはず
ここ通っていたのねぇ って。

とにかく 閑でひっそりと・・・すべてが
呼吸してました (#^.^#)

No title

> カレントさん おはようございます
そうかもねぇ 幼いころの感性って
鋭く柔らかいものね
私もいろんなこと覚えてて その話
時にすると 姉や母が驚くの(笑)

今朝はとても暖かいんですよ
エアコンなしの部屋で大丈夫(^^♪

No title

お家は・建て替えられていたようですが・案内板から~
お家まで・・倉本さんが歩かれた道を・歩くって・素敵!

No title

こんばんは
長い間の出来事よりちょっとだけの体験のほうが
心に残るのかもしれませんね
まして幼い頃の出来事はよけいに鮮明に記憶に残るのかも
いい思い出より辛かったり哀しかったりしたことが
いつまでも心に焼き付いています

No title

> masaさん こんばんは
少女のころは 本ばかり読んで 返事もせん
と母によう叱られました。聞こえなくなるんです。没頭
今は もうだめです 目がねぇ。寒い風に当たれば涙
本も読んでいたら字が見えなくなって涙
悪いとこいっぱいだけれど 目だけは自慢だったのに
老いたら目までも・・・目よお前もか!!です

明日は予定では早起きして出発なのでこれにて終了

おやすみなさい(-_-)zzz
あっ 今日は 行かなかったの 川に。
旦那さんが帰ってきたのが9時でねぇ
それから朝食になったしねぇ
サイクル狂いっぱなし。

No title

峠さん
さすが文学少女!よくご存知ですね
小生ほとんど本は読みません

幼い時の体験ってはっきり覚えており、後の人生に
影響があるのでしょうね

No title

> 夢追い人さん こんばんは
車の後があったので 帰られた後じゃなぁ
って 思ったそうです 今朝は。
会いたかったぁ って。

☝疎開先の一軒家は 本当に静かな場所でしたよ

国道から南なので 通らない道
ナビなかったらわからなかったです

No title

こんなところがあるのですね。

ブログで色々教えて頂き有難う御座います。

また楽しみにしています。

No title

> 千の風さん こんにちは
私たちの子供のころは そう 戦後まもないころ
大人たちは生きることに一生懸命で
自然が遊びがでしたよねぇ
草でも土でもしっかり遊べました
幸せだったと思うわぁ・・・

母はねぇ 寿命なんてあってないようなものなのに
この地区で私は上から三番目とか・・・
死んだあとは 姉妹なかようしねぇよ とか。

生きぬのも辛いものですねぇ
ありがとうございます

No title

自然にふれあった子供のころの体験は
貴重な物ですね。
こうして行くことのできない場所を紹介してもらて
うれしいです。知らないこと多いから。
お母さんご心配でしたね。
気力は年を得ると、減少していくのでしょうか。
何はともあれ、落ち着かれてよかったです。

No title

> こーちゃんさん おはようございます
本当にそうですよねぇ
そして 金光を懐かしく温めてくださってるなんて。
嬉しいです。

ありがとうございます
母はすごいなぁ って 見守ってます私。

No title

> 常実夢夫のちょっと一言さん おはようございます
私はテレビ見ない人なんで 話題でしか倉本作品は
知りませんが・・・
ああ この本当に行き止まりの一軒家
ここから この細い道歩かれて学校へ通われたんだなぁ
って。


私も嫁いで暮らしてるこの地の長さより
幼い日の風景が懐かしいです 想い濃いです

No title

岡山をルーツにする著名人がいるのはなにか嬉しい気がします。

お母上、元気なようで良かったです。

No title

たった1年の疎開が倉本さんの心には強烈に残っていて自分の人生を左右したのですね。私も群馬の桐生が自分の故郷だと思っていますがそこにいたのは幼い頃のたった6年間なんですよ。でもその1年1年がとても濃くて今の自分の支えになっているんですよ。

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです