FC2ブログ

岡山後楽園開園記念  (一) 備中神楽

岡山後楽園
03 /02 2015
備中神楽 ネット説明文 ☟
 
備中地方では古来より荒神に奉納する神楽として
荒神神楽が行われていた。
これは主に猿田彦の舞・剣舞を中心としており、
現在の備中神楽のように郷土芸能というよりは
より神事に近いもので、神職のみが行っていた。
しかし、文化・文政年間に京都で国学を学んでいた
西林国橋が古事記・日本書紀・古今和歌集などを参考に、能・狂言・歌舞伎など成熟しつつある芸能を取り入れて
演芸性の高い神代神楽を加え、
それまで神職のみが行っていたものを
神職外の神楽太夫などが奉納するようになった。
 
特に茶利である松尾大明神(まつのおだいみょうじん)
太鼓奏者との漫才のような掛け合いが独特で人気がある。
 
これは 2010年 旦那さん撮影の写真で作成
 
 今日は ☟

なので 出かけてきました (^O^)/
 
最後に観た神楽から紹介です
 
私達が幼かった頃 お正月の三日は荒神舞
といって 夜を徹して舞う神楽に
毛布もって 公民館に集まったものです
 
人の熱気と火鉢が暖
未就学児の私は 一寝入り 二寝入りして
目を覚ましても まだ 舞は続けられていました。
 
 亡き父も 神楽のお面取り寄せて
親しい仲間と地区の寄りあいなんかで
よく舞っていましたっけ。
 
そ~んな 懐かしい神楽 二時間弱でしたが
今日は楽しめました
 
 これは 猿田彦命の舞
 


お顔アップで(^O^)/

 
☝ ギャッ
 
大国主命・・・大黒様ですね
 出雲神話の主役。
女性関係も非常に艶福家で、生まれた子も 
男女百八十名に余るという。・・・ネットからです


福餅 ほうられたんですよ 少しなの
私のそばの三歳のお子ちゃま 
もらう気みなぎっていたので
ここの小さいお子様に
あげて ください
って 言ったんだけれど 聞こえなかったみたい
 

 
☝ えびす様ですね
釣りの神様
達磨さんが釣れますように~


鯛釣りの舞ですね

まぁ 凄いお顔ねぇ ☟


☝ 素戔鳴命(スサノウのミコト)ですね
 
ちぎりの舞 を 二人で舞う
くしいなだひめ☟

 
とっても ユーモアあふれて
会場沸かした 爺 登場(^O^)/
 

 
お顔は・・・・・



 
婆 ☟

 

 
役者でした
魅せました
笑わせました (^O^)/
松尾大明神

 
おろちにのませるお酒造り
伴奏(太鼓叩き)松尾大明神 との掛け合いが
また面白かったでぇ

 
地元神社の総代していた父が
奉納神楽で 飛び入りで演じたという酒造りの舞
この写真は
後日 実家の母に持って行ってあげようかなぁ・・・

 
最後は お酒を飲んで酔っ払った おろちを退治して
終わったんですよ

 
オロチを退治し、その胴より一本の剣が出てきた。
この剣こそ天皇家に伝わる三種の神器のひとつ
天の群雲の宝剣」である。
そして日本の製鉄文化の夜明けであります
☝ ネットより

どこの社中さんだったんでしょう
とにかく 楽しめました
 
久々神楽観たなぁ
初めて観たわぁ
迫力あったなぁ・・・
 
こんな声ばかりでした
   吉備津神社 出雲大社 ハギ 達磨太陽 
倉敷    広島東洋カープ 岡山県
        豊臣秀吉 黒田官兵衛 ひまわり おしどり
バッタリであった 
ブログ友さん
一緒に見れたらよかったね
楽しかったよ~(^O^)/
追加です
 今日 マイページ新着更新 おかしいです
 5時51分更新のブロガーさんから前の方
 更新記事確認出来なくって。
 
 プロフィール お気に入り一覧も
 表示されないわ
 
 コメントいただいてる方
 お名前クリックで 後から 訪問させて
いただきますね
 3月3日午前9時15分記 峠
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

> くみちゃんさん こんにちは
長時間みたいです
本当に 私達世代 懐かしく 滅入りこむ
郷土芸能です
テレビ世代の孫たちにも
この面白さ 楽しさ
知ってほしいなぁ って。

ナイスありがとうございます(^-^)

No title

いつも、ありがとうございます♪

備中神樂の記事 楽しめました♪

最後のオロチ迫力あるでしょうね

ナイス! ☆ kumi

No title

> きまま暮らしさん こんばんは
20代 そりゃぁ 期待の星ですね

昔は農業の傍ら 備中神楽 練習なんかも・・・だったようですが なんでも 小学生から 舞っていたとか・・・
今は お勤めの方多くって 本当に 大変でしょうね
面白いですよ~ 太鼓一つで 話術がねぇ

また 長時間の神楽 みたいなぁ・・・です

雪が 早く 消えると いいですね

No title

内緒さん こんばんは
オシドリ いてくれてよかったです
もう 帰ったかなぁ って 心配すつつ~でした(^-^)
ナイスありがとうございます

No title

> ふーちゃんさん こんばんは
たくさんの園児さん達でね
制服がまた可愛くってね
思わず にこにこでしたよ

お忙しいのに 次記事も読んでくださったのね
ありがとうございます
今日は 午後遅くに 美観地区少し歩いてきました

No title

友人の息子さんが20代でこういう?舞やっています。
若いので地域の皆さんが期待しています。
峠さんアップの神楽 ゆっくり見たいものです。
立派です。勇壮です。
今日は雨でまた雪が融けています。

No title

こんにちは~^^

今日の記事拝見しました
可愛い園児さんたちね・・・

風車こちらでは見かけませんので珍しいです

今日も素敵な日をお過ごし下さい

No title

> eigekaiさん こんにちは
西って書かれていたので どこかなぁ でした
広島でしたのね (^-^)
ナイスありがとうございます

No title

近くまで行きました 通りこして広島へ
行きましたナイス

No title

> today_kidsさん こんにちは
そうなんですよ なかなか みれません
いつか とある社中のお世話なさってる方が
言われていましたが みなさん違う職種なので
集まって練習 公演も 大変だって。

時代なんですよね
でも 残って 欲しいですね

No title

こんばんは。

いいですね。なかなかみる機会もないですものね。
忘れていた歴史を思い出しながら拝見しました。
子供のころの印象ではやはりやまたの大蛇退治が印象に残っていますね。
よい時間をすごされましたね☆!!

No title

> masaさん こんばんは
みましたよねぇ・・・・
本当に おじいちゃんもおばあちゃんもみ~んな出かけて
家は空っぽで 鍵もかけないでも 大丈夫

いい時代に育ちましたね
そうそう 大黒様 お菓子やおミカン投げていたわ
松尾大明神さま の できで その社中の力量?わかるとか?
しかし 本当に長時間神楽 みたいです
どこかでしてくれないかなぁ
2時間では 欲求不満です(笑)

No title

私も小さい時は神話の意味も分からず
見ていました
今見るとそうだったのか~です

大黒様の投げるお餅、お菓子が目当てだったような・・・

猿田彦命の舞
刀使い、なぎなた使いが見事ですし、松尾大明神と太鼓太夫との掛け合いも面白いし、クライマックスの大蛇退治は勇壮ですし・・・

当時はテレビも無いし良い娯楽だったのでしょう

No title

内緒さん こんばんは
あっ 私も一度みました
剣舞ですよねぇ
動きが 激しい!!

しかし 神楽演じる方
体力いりますよねぇ・・・

No title

> YNさん こんばんは
本当に 旦那さんも 久々 満足じゃ だって。
まつのう様 が 出ないとねぇ
掛け合い漫才 面白いですよ~ (^-^)

No title

ハイ 私もこの画像見て迫力ある舞だな・・と思いました。
舞にナイスです

場所と言い舞と言い最高ですね!

No title

> カッキーさんこんにちは
釜石にも伝統芸能ありますよねぇ

本当に 楽しめました
残り続けて欲しいです
結構 神楽太夫さん高齢者?気もしたんですよ

ナイスありがとうございます
おろちはねぇ 見ごたえありますよね

No title

峠美千子さんこんにちは。
とても素晴らしいですね。さすが無形文化財ですね。

ヤマタノオロチ凄いです。
ナイスポチ☆

No title

> こーちゃんさん こんにちは
父は 本当に神楽が大好きでした
仲良し三人とわが家の座敷でも舞っていたわ
懐かしいです

亡くなった時 従兄弟がね
おじさんが結婚式に言った
私はあなたにホウレン草・・・・云々
ありゃぁ 絶品
録音とっておけばよかったのに
って話しが出てね
高梁 成羽 電話で問い合わせたんですが
まつのう様の語りはアドリブも多いので・・・って
全文わからず~なの
私 あの世で父にあったら 聞いてみたいなぁ です

主人も神楽大好きなんです
私 もうひとつ観たい催し物あったんですが
神楽と同じ時間帯で・・・分身の術が欲しいです

No title

> ふーちゃんさん こんにちは
そうなんですよ~
ブログ友さん 根雨でバッタリ出会ってたんですよ
其の時は初対面で ブログしてますか・・から
ええっ!!で。
ご縁感じます
楽しかったわぁ (^O^)/

お雛様の歌 ユーチューブで聞きながら
過ごそうかなぁ (^-^)

ナイスありがとうございます

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです