FC2ブログ

旅立ちの前

小箱
02 /06 2017

 10月20日 食事拒否 で 何にも食べない
 点滴させてもらいます と 施設からの☎

  そう 長くない と言われ 覚悟少しして・・・
 
  でも ご飯を少しですが食べました
  とか
  出かければ 語りかけに応えるし・・・
  持ちこたえたかなぁ・・・と

 そして 12月23日実家から帰宅した夜
  昨日から なにも 食べなくなった
  意識も朦朧 と 

 お正月ダメかなぁ と また 覚悟

  おかあさん 一緒にお正月 むかえようなぁ
  おかあさん 一月 我が家 お大師講なんよ
  無事終えるよう 頑張ってなァ

  と 語り掛けると うん? 目に力が・・・見えた

  2月3日 ゆっくり恵方巻かぶりついた夕方
  呼びかけても反応ない 眠るばかり
  あと数日
  と 施設から電話

  其の後
  私たちが行く時間帯は いつも寝ている
  娘も数回見舞ってくれたそうだが 目を開けていて
  孫の顔も見ていたよ と。

  お姑さん入ってる施設の方は 本当によくしてくださり
  不満はないけれど 病院に居ればいつも付き添ってあげられる         施設だと 19時には そこを出ないといけない
  老衰は治療がないから
  病院はどこも受け入れてくれないそうです 

 お葬式の段取りもしていますが めったにないこと
 地域のしきたりもあるし・・・葬儀屋さんとの打ち合わしても
 何処か 不安
  
  あれこれ メモって まだ 手落ちないかなぁ とか

  頭が 混乱で 月見草からは 何日かに一度ですが
  読み逃げさせていただいてます

   身体は元気なんですが 頭はすっきりしません
  濁ってまして 老い しっかり 感じています

   戦中戦後 大変な時代 生きたお姑さんが
  〇ちゃん どうしよう お米がないんじゃァ
  と真剣な顔で 言ってきて
   大丈夫 私が 朝ごはん炊くから
  と言ったら
   たのまぁよう
  と。
  
  認知になって いろんな びっくり言動があったけれど
  今 思い出すのは その言葉
  今日も主人と
  明日 どうしようか 
  と 生きていくために一番心痛めたことだったのかもなァ
  って 話したんですよ


   施設で 苦しい顔もしないで
  深い眠りの中のお姑さんです
  
   苦しまずに 逝ってくれたら いいなァ
  私たちの願いです

  もう もっと頑張って生きて
  というのは 酷なくらい 痩せました
   春 桜の中で 見送りたいけれど・・・・






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常
見守り 見送る私から
見守られ 見送られる私に
ゆっくり ゆっくり 進行中

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです