FC2ブログ

牛神信仰

小箱
06 /12 2013
 嫁いできたとき 義父は 12月 自分の誕生日
 と
5月 戦地からこの山里に帰った日 
 と
もうひとつ 牛神様の日
お赤飯を炊いておくれ と 言ってました
 
今朝 小さな山里の中心位置に小高い丘があって
そこに祀られている 牛神様 に 幟が立てられました
 

 
 義父は 子だくさんの長男で 
 学校中 いいえ 地域中 知れ渡る賢さだったそうです
 息子である 主人 みてると 疑問なんですが・・・(笑)
あまり賢くない男にもっとあほな嫁がつき
 孫の世代は・・・我が子です・・・ もう ハチャメチャな あんごう
 次世代に我ら夫婦は期待しつつ~もう諦めも
 義父の両親は 夢抱いて 満洲国に。
 結果は悲惨でした。誰一人 生きて帰らず お骨さえありません。
 義父は 東京の経理学校出て 海軍。実家の父は背が低くって
 男なら誰でもいい戦争末期に兵隊さんになって それは辛い
 軍隊生活だったそうですが、義父は体格も良く 海軍の上層部で
 部下をとても可愛がったそうです。物にも食にも不自由なかったとか。
 でも 敵の攻撃で 軍艦は沈没 味方の助けをまって 一晩海で
 立ち泳ぎ。ひとり ひとり 戦友が消えてゆくのを見ていたそうです
 心中いかばかりか・・・聞いた私の心は重かったです。
 
 誰一人頼る人もなく この山里の株内(親戚)頼って帰った時は
 丁度 里のみんなは 苗代準備の頃だったようです。

 
 義父は とても信仰深い方でした
 結婚後 数年 一人 お赤飯をもって 牛神様のそばで
 食して 帰宅していた姿が 思い出されました。
(農耕に牛が活躍していたころは 村人みんな ここに集っていたそうですが)
 
 あれが 何日と決まっていたのかな?
 今日は 旧暦5月4日。
 いやいや 一通り 田植えも終わった時期
 

 
 大切な労力 牛様に 感謝 しての 行事だったのかな
 若い私は 淡々と日をこなすだけの時期 今となっては
 何にも聞いていなかったこと 後悔です。
 
 私は わが家からすぐそばなんですが 登ったことないんですよ
 
 なぁ 牛神様って 牛の形しとん?
 って聞いたら
 おお 角の形かなぁ 
 だって。
 午前中 雨が降らないから 水やりして
 今さっき この事務所窓から 撮ってみました
 牛の角に見えるかな (^◇^)

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

きょうこさん こんにちは
地域 地域に 残る風習 伝統
でも それは 時代とともに変貌ですね

みんな世代交代して あちらに逝ったわ
老人会のメンバーももう私たち世代です

No title

こんばんは。

う~~ん。
人生の重みを感じます。
ナイス!!

No title

そらさん こんばんは
でしょうねぇ 外地で 終戦まじかは トカゲなんかも
食べたと 本で読んだわ
今でも 送ってこられるんですねぇ
なんか じぃ~ん とくる お話ねぇ

私たちもそうだけれど 親世代は大きくて重い歴史
背負って生きてきたんですよねぇ この国のために
戦後も頑張って。

No title

司さん こんばんは
10年ほどの父と娘 でしたが。
さびしい人生だったのじゃないかなぁ って 主人と話すんです

本当に 戦争は絶対しては行けないけれど
あの悲惨さ って 文字にはのせれない いろいろ
難しいですよねぇ 子に孫に・・・

私の貧しい本棚には 戦争記録本が数冊あるけれど・・・
我が子には読んだけれど 孫には読む機会なく・・・です

そうそう 牛は家族の一員でしたよねぇ

ナイスありがとうございます(^◇^)

No title

実家の父は無口な人で ほとんど話してくれませんでしたが、こちら田辺の義父は
終戦後 引き上げてくるとき鹿児島に上陸し
そこで頂いたアクマキの美味しかった事
この世にこんなに美味しいものがあったのか・・と泣けたそうです。
それを熊本の友達が毎年5/5に送ってくれ
必ずその話を聞きながら 何年も味わったものです。
筍の皮にもち米を包み 灰汁で炊くのだそうです。
今年も送ってきたのですが 義父は
食べる前に逝ってしまいました。

No title

こんにちは。
月見草さんも、お義父様の思い出を尽きる事が無いほどお持ち見たいですね。
実際に戦地へと赴いた方の生の声が、段々と消えて行く現在に
あって語り継いでいく事も大切だと思います。
今のように農機具が発達して居なかった時代には、まさに「牛神様」
として大切に祀って居られたのでしょうね。ナイス!

No title

千の風さん こんばんは
戦争体験で 頑丈な身体 に なった人?長寿
無理の積み重ねで 寿命縮めた人
いろいろだなぁ って 親世代みてて思えます

お父様事故ですしたのねぇ 辛かったですね
舅はあっという間に心筋梗塞かなぁ 救急車の中で。
だから 悲しみを引きづりました。きっと 千の風さんも
そうかなぁって。
父は何年も介護だったので 心の準備もできて 一抹の安堵も
あったりしたんですよ その後 寂しさわいてきてますが。

もう菜園 砂漠?です 萎れて元気なく~
ほんと 一雨ほしいわぁ

有難うございます(^O^)/

No title

戦争は深く浸透していますよね。
これを読みながら、父の事思い出していました。
戦争に行って軍人恩給でゆっくり暮らせたのに、私が高3の時事故で亡くなって。
人は生きて行くのに、生老病死をともないますね。

雨が欲しいです。今日は曇っていますけど。

No title

カレントさん おはようございます
戦争物読むと 当分重い心になったものです

死と隣り合わせの生 なんだものねぇ
体験したものでしかわからない世界 なんですよね
父が よく おめえらに話してもわからん
って言っていたわ

私も 手を合わせる時 ああ 信仰心っていいなぁ
って いつも思いながら 日常はどこかに置き忘れて
ばたばたです~(^◇^)
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s323.gif">有難うございます(^O^)/

No title

のんこさん おはようございます
私 馬車曳きの○さんに 小学校帰り 乗せてもらったことも。
その○さんは やがて ダンプの運転手に(笑)

そうそう 田舎のでこぼこ道に ぽこぽこ落ちていたね

先日観音めぐりに井原?かなぁ 途中で 牛の放牧風景に
おお おおでした。

牛の角に見えますかぁ (^◇^)https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s17.gif">

今日は なん往復したかなぁ 足の裏が痛くなりました
バケツの水じゃ追いつかんよねぇ
天の恵み雨水待ってるんだけれど・・・

今日も暑そうだわhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s348.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s88.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s355.gif">

No title

内緒さん おはようございます

そうなんだぁ・・・・

戦争は 多くの人の人生 狂わせましたよねぇ

これからも 戦争しない国 姿勢 守らないとね

No title

支部長さん おはようございます
こちらも 老人会の方が 草刈り 幟たて だけです

竜神様の前で おどってくださ~い(笑)
本当に雨が欲しいです ☆ありがとうございます

No title

一さん おはようございます
実際みてないから 婿殿に 撮り方おかしい?って
みてもらったら こんなもんじゃと。
ねぇ 怪獣に見えるよね (笑)
そうですよねぇ 最上稲荷にも牛が。

岡山備前には全国的に有名な牛神社があるんですよ
また 紹介できたらなぁ・・・です

No title

こんばんはhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a266.gif">
激動の時代を生き抜いてきた人たちにとって
信仰は心のよりどころだったのでしょうね
平和な時代に生きている私は信仰心などかけらもありません
苦しいときの神頼みぐらいかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s323.gif">

No title

昔はよく田舎では馬や牛が歩いてましたね。そして糞もあちこちに落ちていて、そんなもんだと…

でも最近はさっぱり見かけません。

うんうん、そういえば牛の角に見えるかな?です。

今日も暑い暑い一日で、水やりだけでも汗が噴き出ました。

No title

自然にできた石塚でしょうかあ
信仰のシンボルとして奉られているんでしょうね

こちらの山の中腹の湧き水のところに雷神を奉る社がありましたが、いつしか崩れ、祭りも近所の人が草刈りをするだけです。

そのせいなのかなあ・・・、雨が欲しいです~

☆~

No title

なにか怪獣の様な感じがしますが・・
牛は天神様のお使いだったようですね。
天神様・・学問の神様・・農耕・・繋がりがウーンです。
やはり大戦前の男は何か一つ芯があったように感じますね。

No title

大滝さん こんばんは
小さい時 牛が田んぼにいたの覚えてるわ
牛小屋もあったしね すぐ耕運機になったよね

私 怪獣がお菓子食べてるように見えるなぁ・・・

No title

月さん こんばんは。
昔は、モ―さんが必要でしたね。今は全てが機械化。
写真は牛の角と言うよりも「なにかのシンボル?」のようですね。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">

No title

夢夫さん こんばんは
すみません コメント欄解放記事で。
大丈夫ですか?

そうなの やはり むかし 牛 馬って 家族だったからかなぁ
夢夫さんのお父様も思いやりある軍人さんでしたよねぇ

実家の父は二等兵でしたが よく 軍隊の話 していました

暑かったです~ 高梁また凄い気温でしたね
私は 午後からも菜園に水運び
少々の水では ダメなんですよねぇ
お~い雨 です

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです