FC2ブログ

おとうちゃん あんたはえらい!!

小箱
10 /03 2011
 毎週 土曜日 おかんき に 実家に出かけます
 10時頃ついて 買い物や 掃除して 
 午後から 休み休み だべりだべり 料理して・・・
 
 
 私が なんか お父さん 死んだ気がせんのんよ
 って いうと 母も 笑顔で
 わたしも って。
 
 何かにつけて 祭壇の父に話かけている母。
 
 そっかぁ 元気なまま さようなら だったら
 老いた母は哀しくって 哀しくって  体調崩すかもしれない
 
 4度目の脳梗塞で 動けなくなって
 介護施設に入って二年少々。
 
 いつも家にいなかった父
 一カ月に一度家に帰って 嬉しそうだった父
 
 今回も体調崩して 入院 亡くなるまでの40日あまり
 私にしか語らなかった父
 
 買い物いくで
 お父さん ○○か・・・
 
 遺影に語りかけるだけで満足の母
 
 生前も返事 かえらなかったんだもんねぇ
 同じじゃねぇ 今も
 
 おとうちゃん 頭髪は黒毛が多くって
 顔もつるつるで
 仏様 綺麗ですね お若いですね
 なんて 葬儀屋さんにいわれ
 なんか にやりとしたような お父ちゃん
 
 あんたはえらい
 
 死に方 上手いわ 
 

 
 
 これ 30日専属さん撮影の 吾亦紅です ☟
 実際は もっと 茶だったのよ
 変なの。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

よく 喧嘩もしていたけれど・・・
しっかり看病しつくしたから 母も悔いがないのでしょうね

夏ごろから 家族は覚悟していたのよ
でもねぇ いい顔見ると つい 期待もしていました。

今日 峠お越しのかづやさん訃報記事になんか元気無くなって
でも 気持ち立て直して みなさん訪問していたら
また 少し 元気いただけたような・・・

ブログの不思議かも知れませんね。

あったこともない でも なぜか 他人のような気もしない
そんなブログつながりの親しさ・・・
いつか 私も さようならがくるんだなぁ・・とひゅ~です。
9月25日が最後のコメントかなぁ・・・
と ぼんやり読み返して・・・
ちょっと 寂しい今夜です。

No title

こういう感じでオサラバしたいな。
生前のお二人の会話も穏やかな会話が続いていたんだろうなと思います。 仲の良いご夫婦だったのでは。
当に”執着”から離れた所で生きていられたんだな・・

No title

北風さん こんばんは
私も介護なしでグッドバイバイしたいです

お子様 そりゃぁ ぐっと胸に来ますよ
あの世とこの世の間には 情があるんですよ
いろんな 固執とかしてくれて・・・だれとの間でも
浄化された懐かしさ 追憶が ガラスのような悲しみで
あるんだわ きっと。

まだ 雨なんですよ 山里 寒くなりました
ご自愛くださいね。

No title

今も思い出していただけるお父様は幸せです、私が死んだら娘や息子は思い出してくれるのか?一物の不安があります。
私は介護無しで死にたいものです。

No title

順番通り そうですよね パパさん
これが一番だわ。

84歳の母がこれからどうなるか・・・・わかりません
成ったことを受け止めて・・・ですね。

子供達もみな 独立させたし 生まれて来てやるべきことは9割りが 終わりました

☝コメ そうね 今 アルツの母と奮闘中だけど このお姑さんが
施設に預かってもらえたら 少し 自分の時間 生きたいなぁ
です。

もう少し 私も健康で生きていたいなぁ
そして いきたいところに ぶらり 出かけたいなぁ です

パパさん 紅葉シーズン また 忙しいですね
奥津渓谷に行ってみたいなぁ です、私。ナナカマドがみたいの。

ありがとうね パパさんも 疲れないようにね。

No title

司さん こんにちは
今日は雨で 昔の家で三間流れ だたっひろい 家の中で
ポツンと母はさみしいのでは・・・と 電話したら
姉が行ってくれていました

ふっと 逝った父のあれこれ 思われますが
老いた母が気がかりでねぇ

なくなって丁度49日目に 49日法要できる・・・
なんて ありがたいこと。ええとこ行けるでぇ です。

お寺 神社 地域・・・いっぱいお世話させていただいた
父の集大成かなぁ・・・と しんみり思います

ポチありがとうございます

No title

寂しいのは みんな同じ 順番通りに逝き、子供達から ありがとうー といわれるように逝ってやりたいですね。

父が亡くなり母も入院、3年もたつと田舎の 我が家はほったらかしにひとしい。

月に一度庭の掃除、草取り、家の中の空気のいれかえのためかえるくらい、かえっても線香を灯すのは盆とお彼岸ぐらいになってしまいました。

介護施設へ入院している母のところへ週に一度洗濯物を取りに行く そのくりかえしです。

子供達もみな 独立させたし 生まれて来てやるべきことは9割りが終わりました。

後はノンビリ行きましよう、月見草 さん。

No title

何だか寂しいねぇ~・・・秋だから余計にでしょうか。
お父様はまだお二人の心では生きておいでなのでしょうから
せいぜい話しかけてあげて下さいね。

確かに近親の死は、中々受け入れられないものですが、
世の中、順番通りなら仕方が無いですよね。
「あんたはえらい」と言う、月見草さんが素敵です。ポチ!

No title

千の風さん こんばんは
小さいころから いっぱい 近親者の死 出会って
昔は とっても寂しくって やりきれなくって
受け止めれなくって。

でも 私も 随分枯れ葉色になって 受け止められる現実に
やっとなったようです。

吾亦紅 ねぇ 本当はもっと 茶色だったの
写真にビックリ。
父は お洒落でハイカラさんだったから
ピンクに変えたぁ?(*^_^*)

No title

亡くなったお父様に、深い愛情が感じられます。
生きているものが、穏やかに暮らすことが
なによりの、供養になるのでしょうかねぇ
吾亦紅、色 新色ですね@@!

No title

のりぼうさん こんにちは
7日 7日 の おかんき には 近い所に住む
親戚のみ少人数集うんですが 明るんですよ
父が 神楽舞ったり 面白いこと よく言ったりする人だったので
思いで話も明るいです
いい 供養だなぁ って 思ってます

悲しみは寂しさ 追憶 は 一人 静かに するもので。(*^_^*)
☆ ありがとうございます

No title

ミントさん こんにちは
一所懸命」菜園してました (*^_^*)

母の手握って逝ったので 母は本望。
あちらで待っている生母に今度は お世話任せるそうです

ぐぐう(団子) りょうぶ膳 毎日して仏様祀っているけれど
49日過ぎたら しなくて良くなるから
がっくり来ないかなぁ・・・と 心配しています

母の心配で 父への寂しさも薄らいで?
やはり 父ちゃん あんたはえらい!!です(笑)

ポチありがとうございます

No title

この記事には心が救われる様な記事ですね。
人其々がイキイキされている感じです、失礼ながら。
こんな形で送り出される方々には 寧ろ感動です。
美しく感じました 皆さんのやり取りが~~~。
心からお祈り致します。
・・☆・・。

No title

母上も大役果たされましたね。

吾亦紅・写真に撮るとピンクに?何だか嬉しい不思議です♪ ポチ。

No title

カレントさん こんばんは
炬燵いる寒さなのねぇ

そうそう 吾亦紅はお母さん歌ってるわ 亡き母
あれ?懐メロじゃないのよ???(笑)

あははぁ 楽しいなぁ カレントさんち
そっかぁ 孝行する身で してもらう身なのね
あっ 私もだった (*^_^*)
☆有難うございます

No title

吾亦紅の曲
亡くなった親をしのんでいる歌ですね
息子に言ったら知らないって言われました
そして今のうちに親孝行しておいたほうがいいよですって
お前が孝行しろ~って言いたいです~ https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s323.gif">

No title

夢夫さん こんばんは
今夜はこちらにいて 更新キャッチできてよかったわ

ええ 父は 幸せだったと思います

そうですね まだ 母がいるので 三姉妹は 母を案じてるんですよ
でも 姉妹は他人の始まりって つれない言葉もあるように
きっと 距離ができるでしょうね
住む地域も離れているし・・・

昭和三十年代 私も懐かしんでしまいます
いちど 帰ってみたい時間です

No title

死んだ人の顔や写真を眺めていると何故か生きている様に動くんですよ。私の両親はどんな気持ちであの世に行ったんだろうな。
最近は良く親の夢を見ます。両親がいた頃は親の求心力で子供たちも束ねられていましたが親が無くなると日増しに薄く成る兄弟関係を実感しているこの頃です。子供たちはお互い顔さえ忘れた関係になっています。そちらの地域ではいかがでしょうか。
月見草さんのお父さんは幸せだったんでしょうね。

No title

のんこさん こんばんは
クヨクヨしないのが供養なのよねぇ

義兄も49日法要すんだら 母が寂しくなるのでは・・・
と 心配していますが 母は 結構 雑用こなして
気分けています 賢い 賢い
一人生まれて 一人去る 仮の世のこの世 だものね。

そう お墓参りされたのね
きっと 喜ばれているわ
仏様って 賑やかが好きだって 誰かに聞いたわ。

吾亦紅 もっと茶色だったのに なぜか ピンクに???
専属さんが ピンクな心で写したのかなぁ (*^_^*)
★ありがとうございます

No title

お父様、きっとハンサムだったんでしょうね。
お母様は寂しさと、それでも肩の荷が降りたのとで、複雑な心境かもしれません。

私は今日、実家の母の2日遅れの命日の墓参りに行って来ました。
姉とちょうど休みだった姪っ子と3人でお参りしたの。
女3人でワイワイと。きっと母も喜んでいたと思いました。

峠さんのお父様もお仏壇で喜んでいらっしゃるでしょうね。

われもこう、きれいなピンク色ですね~。我が家のわれもこうはすっかり茶色です。★

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです