FC2ブログ

茶臼山古墳~ 吉備津彦命御陵

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
03 /16 2016
古今和歌集に収められた
間金(まがね)ふく 吉備の中山 おびにせる
細谷川の 音のさやけき
この有名な古歌に詠まれた 吉備の中山は
岡山平野のほぼ中央に位置する低平な独立丘陵で
その稜線を南北に走る国境線によって
備前と備中に二分されていた
 中略
吉備の中山は 古くから名山としてその容姿端麗の山並みが
多くの人々に愛されて数々の古歌にも詠まれ
平安時代の才女 清少納言も枕草子の中で
天下の名山の一つに数え その名は遠く都人にも聞こえるほどに
有名であった
 中略
この山境の西山麓には・・・吉備津神社が位置し・・・
山陽新聞サンブックス 吉備津神社 よりの抜粋文

 まだ 桃太郎を引きずっております 峠
吉備津神社 到着です

 ここはねぇ 見どころいっぱいなんで後日紹介しますね
吉備津神社駐車場傍のお店でバイトの鬼さんです☟




以前は お喋りもしていたようですが 車がぶつかって
あまりの恐ろしさに失語症? 無言でした(^^♪

同じ祭神大吉備津彦命祀る吉備津彦神社駐車場では
頼りなさそうな家来従えて 桃太郎が鬼の仕事ぶり監視




すぐ近くに 吉備津彦命のお墓があると読んでいたんですが
そこに行きたい と 私
まかせとけぇ と主人
しかし 迷いに迷いました



ここで 車から降りて 散歩道 歩きます
うっそうと茂った林は とっても 涼しくって・・・
しかし・・・・うん?・・・もう100mはとうに・・・
でも散歩道が長々と・・・途中案内標識もなく
また 引き返して 車の人に・・・・・・・
やっと ここじゃないかなぁ・・・・と降り立ったのは
こんな 山道   ☟



やれ えれぇ えれぇ 生きとる?・・・・私
おお なんとか・・・ふーふー・・・・・旦那さん

途中 登ってきた 長い石段振り返り・・・・・・☟


もう少し  もう少し・・・つきましたぁ('◇')ゞ


ありゃぁ あの向こう歩いとったんじゃ。
ああ なんで案内板だしとらんのう。がっくり
前期高齢者の二人 汗と疲れがどっと噴き出し・・・

御陵は旧宮内省によって吉備津彦命の御陵に指定
されたそうで  立ち入り禁止 (-"-)


御陵



静かな眠りにつかれておりました
平成の鬼退治  乞い願う心も失せて
どうぞ ゆっくり ゆっくり おやすみください
手を合わせ 
よたよた下ってゆきました


2010年7月29日更新記事です



関連記事
スポンサーサイト



峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです