FC2ブログ

秋祭りに

独り言
10 /20 2019
太鼓の音が 静かな山里に響く

DSC_3371.jpg

 千歳楽がやってきた
 私は 気持ち包んだ お花を持って 出迎える


    我が家 道 狭いから ここでいいです
と 橋迄 でて 千歳楽の邪魔にならないよう バック バックして
道の端から田んぼに 転げ落ち やれはずかしや~ ・・・・☜ 独り言(^^♪

ころりん



 心穏やかな秋祭り
昔は もっと 弾んていた様な気もするが
これも 多少の願望はあっても 欲が少なくなって
最期ロードゆっくり歩く 私の心かなぁ・・・



   子供の数も減った 👇

子供


   担ぎ手 参加する大人も減った・・・

大人


  我が子の時は ベビーブームの子供たちで 大人も子供も大人数
  活気感じたもんだけれど・・・ 寂しく?山里 巡幸?  ☜ 独り言

  小さい我が子が 法被姿でウキウキかけて行った道
  歩き疲れたという 小さい甥っこに 
   こっそり隠れてジュース飲ませた庭 



バッタリ出くわした鬼に驚いて 家の中に駆け込んだ孫
それから当分 婆ちゃんちには 鬼がおるから行かない
って言っていた孫



鬼

  随分 遠くなった日々 あれこれ 懐古する。

落ち葉とどんぐりのライン
    
   昭和20年代末から30年代初め まで
  田舎の秋祭りは 賑やかだった
   

      お祭りは 今と違って 日にちが固定。
  祭り前夜は 普段使わない座敷に ござを敷き
  七輪をもってきて たっぷりの牛肉 松茸 で すき焼き
  母が 
 残りご飯で作った糊で 張り替えた障子は白く明るくって・・・
 その障子向こう 縁側に出て 外見れば
 各家 独自で作った 四角木枠の行燈灯篭?に 蝋燭の灯り

_8お寿司


   父が 座敷で お肉を焼く
  子供たちは 今か今かと お箸とお皿をもって わくわく待つ

   母は 台所で 忙しい
    昔の主婦は よく働いたもの

     お祭り御呼ばれ客は 十数名の親戚   
    その人たちに 今でいう 和食処 みたいな 大ご馳走

    煮魚 焼き魚 天麩羅 お寿司 
    赤飯 巻きずし 渡り蟹 ・・・・などなど・・・

     お膳以外に よばれていった親戚 
     これからよばれてゆく親戚に  お重 
     三段あったかなぁ?
 

     母は 独りで してたんだぁ
     いまさらながら 凄いなァ って。

blog_import_5d2933076d6bf.gif

へいとう って 言葉 ご存知ですか?
   物乞いする人です
 
   お祭りの日には 毎年 一団体 へいとう がくるんです
   各家 物乞いして 回るんです 子連れで。
   で 母は 折に詰めて 準備してて
   父が 丁寧に 差し上げていました
    戦後 貧しい田舎の お祭り風景です
  
    父一人が働き手 母は お百姓手伝いや家事
   祖父はのんびり百姓 祖母は孫守り
    子供たちは 遊びが仕事  だった時期

    一年間 働いたお金 大半お祭りご馳走に費やしたんじゃないかなぁ
    こんなこと 思ったりも してしまいます・・・ ☜ 独り言



ラグビーボールライン
         勝つカナァ?

ラグビーボール猫


コメント欄閉じています


👇 ランキング応援 ありがとうございます お辞儀する女性
        
関連記事
スポンサーサイト



峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです