FC2ブログ

近水園(おみずえん)のこぼれ桜

日記
12 /30 2015
岡山県北区足守には近水園があります
秀吉の正妻北政所・ねねの兄家定の子孫が
明治維新まで13代にわたり 藩主であった
木下家庭園です
 よく新聞などでは目にするものの訪れたのは初めて。
ここが旧足守藩木下家陣屋跡









 すぐそばに木下利玄の生家があったんですが
 今工事中でした
 
 牡丹花は 咲き定まりて 静かなり
 花の占めたる 位置の確かさ

 曼珠沙華 一村燃えて 秋陽つよし
  そこ過ぎている静かなる径
(これは歌碑にありました)
教科書によく出てきましたよね
利玄は 足守藩最後の藩主の甥
藩主亡くなった後 家督継ぐために養子になったんですって。

工事中の生家恨めしそうに眺めて 近水園へ
園内は 主にカエデや桜が多いと
案内板に書かれていました

これは園内にある吟風閣
1708年六代藩主が京都から仙洞御所造営した際の
残材を運んで建築した風雅な建物
だそうです
 



今日は 風が強くってね 桜の花吹雪 桜吹雪
それも風情あったんですが 撮影は大変でした
まぁ ヘタな写真ですが 雰囲気だけでもね
近水園のこぼれ桜どうぞ~








そしてね 花筏 綺麗だったんです
狙ったんすが・・・・何せ 腕とカメラが悪くって(-"-)




  足守の街並み 少し紹介です



まだか まだかと わくわくして待った桜も盛りを過ぎ
もう はらはら舞うさまを惜しむ心で 眺める峠地方

今度は 桜が到着した皆様地方にバトンタッチです

   2010年4月7日更新記事です
関連記事
スポンサーサイト



お花見 種松山公園西園地

種松山
12 /30 2015
みなさん 峠地方は 桜が咲き始めましたよ
今日はね とても 風もなく 暖かい日。

お花見に行ってきました


☝ うしちこ母様から また いっぱいご馳走いただいて
孫引き連れて 目指すは・・・・

あのねぇ とても素敵な処 なんですよ(^^♪
10年位前
ええとこじゃ いってみねぇ
って 言われて 期待せずに出かけてから もうはまりました
毎年 ここ 訪れます
今年は、まだ三部咲き。
山斜面の豪華さは 今一つですが この景色!!





満開になりますと もう山全体が ピンクの風景
溜息ものなんですよ

山頂からの眺めは これまた 最高!!








満開なら もっとよかったんですが・・・・
今日の桜は こんな感じで 咲いていましたよ








ここはね 倉敷市にある 種松山公園

花時 心落ち着かない季節ですね
寒い冬に耐えた蕾は 時期到来と
競うように咲き乱れ始め
峠は菜園そっちのけで しばらく桜の追っかけになりそうな?

山里峠の桜便りでした
満開の時でなくってごめんなさいね




2010年4月4日更新記事です
関連記事

空を飛びたい

日記
12 /30 2015
人はどこから流れてきたのでしょう
気づけば 大地に 二本の足で 立っていました

峠は幼いころ れんげ畑が大好きでした
あの上に ふわっと寝ころびたい

なんど挑戦しても なぜなんでしょう
グシャ とつぶれた草の中で 
ブラウス汚した自分がいました

でも やはり あの風に揺れるれんげの上に寝そべって
お空をぼ~と眺めていたい・・・・

かなわぬ夢を抱いていました

ああ 人は 昔 昔 鳥だったかもしれないね 🎶🎶

 こんな歌がありましたよね

 人は 幸せな時 軽やかに空を飛びたいとはしゃぎます



心の闇に閉じ込められて 躓いて 仰向けになって
空を見上げた時
ああ 自由に すべてを忘れて
鳥になって 空を舞いたい とも 思います








禍福はあざなう縄のごとし とか
泣いたり 笑ったり なん変化もの 繰り返しの人生
峠を登り切ったと思えば また峠
下りきったと思えば また新たな峠

だから人生街道の旅って 味わい深いんでしょうねぇ

写真は専属さんが先日撮影してきた
パラグライダーの数枚です

ええなぁ ええなぁ 気持ちよさそうに・・・・

ああ 人は 昔 昔 鳥だったかもしれない・・・なぁ
って 思った 峠の夜の独り言。




2010年4月11日更新記事です
関連記事

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです