FC2ブログ

まほろば 吉備の大ロマン伝説

吉備路
11 /28 2015
古墳求めて走る途中
うん? ここは どこじゃ?
社の周囲にお堀が廻らされ
こりゃぁ 由緒ある処かも・・・・
私たちは 車を停めました



境内解説(伝説)の掲示案内板があり☟
ここが窪屋郡の郡家の跡(くぼやぐん の こうりや の あと)
とあります


なんじゃ? わかりません
黒日売(くろひめ)は 窪屋郡司(くぼや ぐんじ)の娘
の一文から
はい 勉強 昔買った本の出番です☟




こんだけ 書棚から 並べて う~ん
数冊 参考になるかも
一番よかった 田辺聖子さんの古事記を 少々引用させていただいて。

仁徳天皇(にんとくてんのう)は
吉備の海部直(あまべのあたい)の娘 黒日売が
美しいと聞かれて 宮中へ召されたが
大后(おおきさき・・・皇后)の嫉妬の物凄さに
黒日売は恐れて 故郷へ 逃げ帰ってしまった

 その時に 天皇の詠まれた歌
沖方(おきへ)には 小舟連(こぶねつら)らく 黒さやの
 まさづこ我妹(わがも)国へ下らす(くだらす)

しかし 天皇は 黒日売が恋しくてならない
ついに 大后をあざむいて
「淡路島で遊んでくるよ」
と淡路島へお出かけになった。
そして 島からはろばろと遠くをご覧になり 歌われた

 おしてるや 難波の崎よ 出で立ちて 我が国見れば
淡路島 淤能碁呂島(おのごろしま)
あぢまさの(漢字変換不可で) 島も見ゆ
放けつ(さけつ)島見ゆ

・・・難波の崎にいで立ち 我が国をみれば 神話の島々
淡路やおのごろ島が見える
ビロウの生えている島 ぽつんと離れた放れ島も見える
黒日売はどこにいるやら・・・・
そして そのまま島つたいに吉備国にいかれた
    田辺聖子の古事記 より

 そうでございます
 でね
 愛しい彼女としばし楽しい時間を過ごされて
夜麻賀多通(やまがたに)と 書きかけたけれど もう峠流で書くね
案内板に記載の歌 漢字がややこしい (-"-) スミマセン
 
 やまがたに まけるあおなも吉備人と
  共につめば 楽しくもあり
        ☝ 仁徳天皇御歌


 大和べに西吹き上げて雲離れ退き(そき)おりともわれ忘れめや
      ☝黒日売より奉る歌

と ありまして・・・☟少しは御歌読めるでしょうか?


この一角に小さな塚がありました
その上に石造塔?が寄り添うように・・・・
そっと手を合わせました





須賀神社横塀を隔てて歌碑がありました




☟ よくわかりません



これは三百十三社 寄宮 遷宮所 とありました☟



橿原神宮遥拝所 と ありました ☟




ここは 御崎神社(おんさきじんじゃ)
とっても しずか~な 社でした


   2010年1月28日更新記事です

関連記事
スポンサーサイト



こうもり塚古墳ちかくで

吉備路
11 /28 2015
古墳が見たいという私のつぶやきに 旦那さんが付き合ってくれまして
どんどこ どんどこ どこへいくん? わかっとん?
県南なら まかせぇじゃ。道あるところはどこでも行くぞ
で ここかなぁ と着いたところが 作山古墳

石棺あるのは どこかしら?
作業されてるシルバーさんに尋ねて 辿り着いたのが こうもり塚古墳

国分寺駐車場近くにある標識☟




で こうもり塚古墳の後 松井の井戸に。




これが その松井の井戸☟







次は 国分尼寺に

奈良時代 仏教を手厚く信仰し(中央政権命令で)
各地に国分寺 国分尼寺 建立の話 歴史で習いましたよねぇ
ご多分にもれず ここ吉備の国も 五重塔で有名な国分寺の近くにも
国分尼寺がありましたが 今は案内板のみとなっていました









2010年1月27日更新記事です





関連記事

旧松井家住宅

吉備路
11 /28 2015
旧松井家住宅
 この民家は もともと岡山市沼に所在し 旧山陽道に沿う茶屋でした
 建築の様式 手法からみて 江戸時代末期に建てられたもののようです
 屋根は茅葺 入母屋造りの建物で 基本的に当時の一般的な民家の構造ですが
 簡素な必要最低限の間取りとなっています
 案内板です☟





























旧山手村役場☟



この建物は 風早雲嶂(かざはやうんしょう・医師 初代山手村長)
と言う人が 自宅として 建てたものです
以前は 今の山手村役場付近の都窪郡山手村大字地頭片山にありました
建築様式 手法からみて 幕末から明治初期のもののようで
雲嶂の死後は 山手村が購入して 明治35年から昭和43年まで66年間
山手村役場として 使用されていました ☚ 案内板より


 この記事は2010年1月27日更新記事です
関連記事

古代王朝からのたより

吉備路
11 /28 2015
吉備の国って言葉 聞かれますよね
卑弥呼は 大和でなく 吉備の国にいた・・・なんて言われたり?

今日はね 総社方面に用事があって 出かけてきました

昨秋 紅葉で走りました吉備路 時間なくって少しだけパチリ
国分寺の五重塔
11月 色鮮やかに目を楽しませてくれました
今は錦衣脱ぎまして 枯れ葉色の風景の中に
凛として 建っておられました



これは 作山古墳
国指定史跡・・・・大正13年指定
つくり山と称されるほど 総社で巨大な前方後円墳
独立した小丘陵を削り 整形 加工したもので
一部に後世の改変をうけているもの
全長285m 後円部径174m 高さ24メートル
前方部長さ110m 同幅174mの規模をもっています
云々と立て看板。全国大9位に相当するとか


作山古墳全景です ☟




ここね




松は今 点滴中でした




次はね こうもり塚古墳
全長100mの前方法円墳です
ここは 小学生の峠が バス旅行で訪れたの 懐かしの古墳。
ここに 眠ってらっしゃるのよ あの(誰じゃ)豪族が。☟



さぁ みなさん 深呼吸
ご案内いたします
ここから 入りますよ~




はい石棺
子供のころは 怖かった
横穴式石室に大きな石棺が



時間の関係で この2つにしか行けませんでしたが
日本4位という 造山古墳にも 行きたかったなぁ です


 2010年1月26日更新記事です
関連記事

お餅つき

日記
11 /28 2015
今日は お餅つき
午後から? うん?午後から?

そうなんです
天気予報 倉敷は午後から降水確率60パーセント ギョツ

で おじさんちの長屋で。
かまどの上にはブルーシート張って
さぁ 男性群 準備体操 できましたか。
と いうことで

昨日洗って 水に浸していたもち米を
水切って 二升一臼で
餅つき始まり 始まり・









先ずは 豆餅から



豆と塩をいれて☝☟


よ~く 杵で 米粒の形がなくなるまでねって



ぺったんこ ぺったんこ 搗きに搗いたり
で やわらか~くなったところで
きなどりの私が もういいんじゃないと 一声
その一声を 今か 今かと待ちながら 杵を振り上げていた
へどへどの旦那さんの ほっとした 息。
石臼の中には こ~んなもちもちの豆餅が





誰ですか? もう こんなに とり粉まぶして・・・・
はよう かびがくるがぁ と 内心叫びたくなるような
ものぶたの中の豆餅



これは 搗き終わった 白餅





鏡餅も少し。でもほとんどが豆餅に。
孫のいびつな揉み方も お正月様は 笑顔ですよね

ごっつい手 ちっちゃな手 ・・・ いろいろな手で揉みまして
(@_@。な お餅が いっぱいできましたよ



さぁ これからは
臼から 即 ちぎりとって(とり粉つけないで)きな粉まぶしたきな粉餅
孫は 毎年これが目当てで 昼食も控えめにしたとか。

美味しいですよ
みなさん どうぞ 一口(^^♪



さぁ お餅つき どうにか終了
大雨でなくって よかったわ(^^♪

餅搗き終えた 男性群は
ちょいといっぱいの ウィ~
いい気分になったのは ごく当然の成り行きでございましたよ(^^♪

     2009年12月30更新記事です
関連記事

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです