FC2ブログ

出雲大社  二

散歩 & お出かけ記事
08 /25 2013
 続きです (^u^)
 
さて 拝殿 から やってきたのは
八脚門 ☟
 

 

 

 
八脚門左側
 
 

 
☝ピンクの○は 
昔の神殿の御柱位置示しているそうです
 
御守所 
平成の大遷宮御奉賀受付 って 
書かれていました
 
 

 
向かって 右方向に歩きます
 
東十九社(西にも 西十九社があるんですよ)
 御祭神 八百萬神(やおよろずのかみ)
 由緒
 旧暦十月には 全国の神々が
 大国主命の許にお集まりになられ
 人々の幸福、生成発展のために神議なさる
 神在祭が斉行されます。
 十九社はその際の神々のお宿となります
 また 平素は全国八百萬の神々への遥拝所です
    説明文
 
  

 
 
そして 綺麗に修造された 御本殿ま裏に
出雲大社一番のパワースポット 
素鵞社(そがのやしろ) が ありました
 

まもなく 改修工事かな?
 

 

 
これは 左奥の彰古館 素通りでしたが
 

 ☝出雲大社に伝わる各種資料が陳列・展示
してある建物 だそうです
 
 
そして 神楽殿に 





 

 
神楽殿 です ☟
 

 
 
ここの注連縄 見事です
長さ13メートル 重さ5t だそうです☟
 
 

 
☝お気づきですか?
注連縄 逆張りですよね 左で終わり
ガイド嬢説明は なんでも スサノウは
イザナミ の 左目から誕生したそうで
左を敬っているそうです
 
何せ 遠い昔の神々の世
不思議が多いですよねぇ
真実は




 
 
農耕の神様でもあられるので
神馬 神牛 が。

 
参拝者になでなでされて お顔ぴかぴかです
 

 

90分 一人500円 の ガイド付き参拝
私たちより他にもお二人同行で
写真撮影もなかなかで
あちこち説明文も撮影できず
ガイド嬢の 説明もなかなか聞けず
くまなく境内歩けず ポイント駆け足参拝で
ゆっくり ゆっくり 40年ぶりの出雲大社
参拝したかったなぁ が 峠の感想です
 
御本殿写真は
 

 
 
 数日後に~
 
記事内容誤りあったら 指摘してくださいね
何せ パンフ も 詳しいものなく 
マイッタ マイッタ でした。
 
   吉備津神社 ハギ 達磨太陽 岡山県 
    ひまわり 倉敷 広島東洋カープ
        豊臣秀吉 黒田官兵衛
 
 
     

関連記事
スポンサーサイト



出雲大社 一

散歩 & お出かけ記事
08 /25 2013
テレビで 遷宮番組を見ました
ご神体が 仮のお住まいから 
本殿にお帰りになる時
風が吹いて 
それまで 降っていた雨がピタッと止み
お帰りになった後 また 雨になるんですよねぇ
 
とっても 神秘 でした
 
番組の中のお話では
神様もパワーが衰えるので 
60年ごとの遷宮で
また お元気になっていただく 
って 話されていたので
お参りしよう!!
と 出かけたんです
 
別に もう ここまで生きてきて 
大きな願いあるわけでなく
この平凡な日常いただき ありがとうございます
と ただ 感謝の お参り に~。

 
 
鳥居は 四つあるんです
 
鉄筋の一番大鳥居
高さ23メートル
中央額が6帖の大きさだそうです
大正4年竣工。出雲大社の入り口です☟
 
 

 木製 二番鳥居 です☟ 
 

  
鳥居くぐるときは 帽子とって 姿勢低くして 私たち通りました
 
そして 全国的に珍しい 下り参道
 

 
その途中に 
祓社(はらいのやしろ)が あります
 
参拝者を祓い清めてくださる神様が居られるそうです
 
 

 
出雲大社は 二礼四拍手一礼
ここにお参りするまで 電車内で なんども 
放送がありました
 
手の節と節 合わせないように 
(ふしあわせにならないように)
ちょっと 手ずらしての 拍手です
 
そして 太鼓橋 渡ると 三つ目の鳥居です
写真が わかりづらいですが・・・・・
 

 
そして 樹齢数百年の松並木の参道です
真ん中は 高貴なお方が歩かれるそうです
私たちは 横参道
 

 
そして 4っつ目の鳥居
高さ6メートルの 銅鳥居です
 

 
ここから 境内です
 

 
拝殿
 
 

 しめ縄は 長さ6.5メートル 重さ一t☟
 
 

 
 
銅鳥居左に手水舎があり
左右には 
御祭神 大国主命と因幡の白ウサギ像
 

 
大国主命がおかげいただいた 
幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま   
 

 
 

 

大国主命のこのポーズで記念撮影なさる方多いとか☟

              続く
      吉備津神社 ハギ 達磨太陽 岡山県 
    ひまわり 倉敷 広島東洋カープ
        豊臣秀吉 黒田官兵衛 
 
 
 
関連記事

出雲大社 一

散歩 & お出かけ記事
08 /25 2013
テレビで 遷宮番組を見ました
ご神体が 仮のお住まいから 
本殿にお帰りになる時
風が吹いて 
それまで 降っていた雨がピタッと止み
お帰りになった後 また 雨になるんですよねぇ
 
とっても 神秘 でした
 
番組の中のお話では
神様もパワーが衰えるので 
60年ごとの遷宮で
また お元気になっていただく 
って 話されていたので
お参りしよう!!
と 出かけたんです
 
別に もう ここまで生きてきて 
大きな願いあるわけでなく
この平凡な日常いただき ありがとうございます
と ただ 感謝の お参り に~。

 
 
鳥居は 四つあるんです
 
鉄筋の一番大鳥居
高さ23メートル
中央額が6帖の大きさだそうです
大正4年竣工。出雲大社の入り口です☟
 
 

 木製 二番鳥居 です☟ 
 

  
鳥居くぐるときは 帽子とって 姿勢低くして 私たち通りました
 
そして 全国的に珍しい 下り参道
 

 
その途中に 
祓社(はらいのやしろ)が あります
 
参拝者を祓い清めてくださる神様が居られるそうです
 
 

 
出雲大社は 二礼四拍手一礼
ここにお参りするまで 電車内で なんども 
放送がありました
 
手の節と節 合わせないように 
(ふしあわせにならないように)
ちょっと 手ずらしての 拍手です
 
そして 太鼓橋 渡ると 三つ目の鳥居です
写真が わかりづらいですが・・・・・
 

 
そして 樹齢数百年の松並木の参道です
真ん中は 高貴なお方が歩かれるそうです
私たちは 横参道
 

 
そして 4っつ目の鳥居
高さ6メートルの 銅鳥居です
 

 
ここから 境内です
 

 
拝殿
 
 

 しめ縄は 長さ6.5メートル 重さ一t☟
 
 

 
 
銅鳥居左に手水舎があり
左右には 
御祭神 大国主命と因幡の白ウサギ像
 

 
大国主命がおかげいただいた 
幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま   
 

 
 

 

大国主命のこのポーズで記念撮影なさる方多いとか☟

              続く
      吉備津神社 ハギ 達磨太陽 岡山県 
    ひまわり 倉敷 広島東洋カープ
        豊臣秀吉 黒田官兵衛 
 
 
 
関連記事

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常

認知予防に 
独り言ぶつぶつ呟いてま~す
お耳傾けて 聞いてくださいね (^^♪

 ヤフーブログから移行記事
絵文字が無茶でごじゃるが 寛大なる心で読んでくださいね

中国ランキング楽しんでいます
☟クリック応援してくださったら
 嬉しいです