FC2ブログ

倉敷雛めぐり 玉島交流センター

DSC_0126.jpg

 今 倉敷雛めぐり 開催中

 今日 玉島に 用事があったので ちょこっと お雛様 眺めてきました

 会場は やはり 華やか~
 いいもんですね お雛様って。

 ガラスケース展示で 撮影写真は イマイチでしたが
 雰囲気だけでも お伝えできるかなぁ

 写真は 画像上クリック拡大で 見てくださいね

 DSC_0132.jpg

DSC_0139.jpg


DSC_0133.jpg


DSC_0131.jpg

DSC_0121.jpg

DSC_0117.jpg

DSC_0120.jpg


DSC_0150.jpg


DSC_0105.jpg


それぞれに 想いを いろどり つむぎ 吊るされて 優しく 揺れていた
吊るし雛
DSC_0094.jpg

とおい昔の少女に戻った 一瞬でした (^◇^)

              
スポンサーサイト

根雨のおしどり小屋

 おしどり が たくさん いるという 根雨に 行ってきました
 早朝から8時まで  夕方4時からが たくさん 集まっているらしいんですが
 その時間に 観察小屋に 居れるわけもなく
 いるかなぁ おってほしいなぁ
 の思いこめて 各駅停車 伯備線始発列車 5時45分 に 乗り込みました
 拡大して 大きい画像で 見ていただけたら 嬉しいです

   DSCN3585雪降る駅

駅から5分にはほど遠い時間要して 到着した おしどり小屋
対岸に小さく 見えるだけ
おまけに 雪の舞う 悪条件
でも ほんの数分 近くに きてくれたんですよ
私のレンズでは無理なので 旦那さんの シグマ50-500レンズで撮影です
それでも 画像が小さいので くりっく拡大 お願いしますね


お見合いの真っ最中 恋の季節~
DSC_3501集団見合い


DSC_3479集団見合い

 オシドリは 断然雄が多いんだそうです
 だから おめぇら あっちへいけぇ と 威嚇 です

DSC_3320威嚇?

DSC_3347威嚇?

 あれ 僕の 好み~ と 口説く~

DSC_3517口説く

 成功? 仲良く すいすい
 女は 三歩下がって ついてゆく~(^-^)
DSC_3297仲良く?


  ここには アオサギが 見張ってるんですって
  だから 安心して 恋もできるのね
DSC_3213番人青鷺

お疲れ様 消防船 すいりゅう

倉敷市・水島港を拠点に
岡山、香川県海域の安全を35年間守り続けた水島海上保安部の
消防船「すいりゅう」(110トン)が3月に引退する。
DSC_3099すいりゅう


全国に4隻しかないやぐら型の旧式船。
タンカー炎上、重油流出など多くの災害に出動、
総航行距離は地球6周以上の約25万キロに及んだ。

DSC_3108やぐら



すいりゅうは1978年、
コンビナート災害や大型タンカー火災への対応を目的に建造。
高さ 24メートルのやぐらと
放水銃6基を備え、
放水能力は消防ポンプ車13台分の
毎時1560ト ンを誇る。
速力は13ノット(時速24キロ)。

DSC_3104水流


85年には水島港内で
ベンゼン積載中のケミカルタンカーが爆発、
炎上し乗組員2人が死亡 した事故で出動。
96年の香川県・羽佐島の山林火災では延焼を食い止め、
2006年の船舶 衝突による重油流出でも
放水拡散を行うなど多くの事件、事故で活躍してきた。

DSC_3117水流


近年は不審船対応の必要性もあり、
全国で放水能力に特化した消防船から、
速力も兼ね備えた消防型巡視艇に代替配備が進む。
やぐら型は本年度中にすべて姿を消し、
消防船は1隻のみとなる。


18日は大型船の接岸警戒のため出動。
液化天然ガス(LNG)を積載した
10万トン級タンカー がゆっくりと桟橋に近づくのを見守り、
すいりゅうとしては最後となる放水演習も実施した。

☝ 記事文は 19日地元新聞から 抜粋です
  写真は 今回は 主人撮影写真のみです

そして 3月12日 午前10時半から
水島港桟橋で 引退式などが 行われるそうですよ

雪の大山ドライブ

 雪見ない地に住む者の わがまま独り言 と
 雪で日々大変な日常強いられておられる方
 すみません 読み流してくださいね

 
 2月15日 私たちは 伯備線 やくも に揺られて 米子へ。

 新見あたりから 雪景色になって 列車の中から 撮りまくり。
(写真画像上クリック 拡大してご覧くださいね)

 DSC_2773伯備線雪景色

DSC_2871伯備線雪景色


然し どうしたことか 米子に近づくにつれ 雪はなく~
私の希望の水鳥公園の白鳥も時間的におりそうもなく(観光案内の方。11時過ぎでしたので)
旦那さん希望の 大山周辺撮影ドライブ。

観光タクシーチケット購入。
タクシーの運転手さんは 親切でマナーよく 博学
最高の楽しいを味あわせてくださいました 感謝です。

こんな雪道走行。 もう この時点で 旦那さんは感激!!
DSC_2923大山への雪道


ここいいと思われたら言ってください
路肩に止めます
との 親切に甘えて撮った けれど う~ん イマイチかぁな写真アップ
雪景色の素敵雰囲気は伝わるかなぁ 

DSC_2901大山雪景色

DSC_2944大山寺付近

前日14日は素敵な大山が見れたそうです
15日は 雲かぶり~。
生きてる雲に邪魔されましたが まぁ 拝めただけで えっかぁ です
DSC_2909大山

DSC_2914大山

菜の花と蝶
☝ うしねこさん作です

街は 春の温もり 雪はない。
雪ない地面から 大山望む~(^-^)
DSC_2956旦那大山のぞむ

DSC_2971皆生の海岸から大山のぞむ

やはり 身近に観た大山は 神おあします山 美しく 崇高なお姿でした

グリーン車でやくも
雪の大山
この二つの願い達成の婿殿は その夜 満足げな高いびきで寝たのは
いうまでもありません (^◇^)

 ☟今日も ぽちっと応援ありがとうございます (^◇^) ☟

       



お雛様が並んで移動するブログパーツ


なんとなく~な想い

日差しをいっぱい吸い込んだ
南風がそっと置いていった蕾
が 
ゆっくりとひも解いてほつれてゆく
開放感をもたらしてくれた

DSC_0033蕾



そんな 思いもまだ残る夕べ
なんだろう
このもあ~とした不安
ひたひたどこからともなく寄せてきて
ぴしゃっと軽くぶたれる衝撃

やがて 包まれる闇への漠とした不安




DSC_2152 - 夕日



けれど
沈む間近の太陽の
最後の見事なきらめきは
大丈夫 と

やがてまた迎える眩しい
明日への希望の光芒
  DSC_2132.jpg




              






春を待つ

今日は 暖かい 岡山県南でした
菜園で 鍬うち していると 私 あつい(少しオーバー?かな)って思えるくらいでした

チョコと 庭にカメラ 持ち出して 撮ってみました

私は ボケの蕾だけれど?
この木瓜はかわいい蕾 (^u^)

DSC_0006木瓜


DSC_0008木瓜


そしてねぇ やはり 春じゃぁ って 心ほころばせてくれる 水仙

DSC_0010水仙

DSC_0012水仙

ほっこり和ませて 時に 冷たい風誘って ゆっくり ゆっくり 春のつぼみは
ほぐれていってるんですよねぇ

                           

大石神社 赤穂

普門寺 花岳寺 と 歩いて 赤穂城跡 大石神社へ
写真は 画上 クリックで 全体写真見えます
縮小かなりしたのに なぜが 部分掲載~と 嘆く

赤穂城 石垣は 苔生して・・・・
DSC_0014赤穂城あと地櫓


大手門

義士祭には この太鼓橋から 四十七士が・・・・

DSC_0012大手門



大石神社(おおいしじんじゃ)は、
元禄赤穂事件において討ち入りをした大石良雄ら赤穂浪士を祀る神社。
江戸時代には江戸幕府にはばかって表立って
顕彰することはできなかったが、
1868年(明治元年)、
明治天皇が赤穂浪士の墓のある泉岳寺に勅使を遣わし
これを弔って以降、
赤穂と京都に赤穂浪士を祀る神社が創建された。

☝ ☟ ネットよりの説明です

元禄赤穂事件以降、
赤穂浪士を称揚する人々によって
旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていた。
1900年(明治33年)、
あらためて「大石神社」として神社を創建することが政府から許可され、
1910年(明治43年)4月に起工、
1912年(大正元年)に社殿が竣工した。
1928年(昭和3年)、無格社から県社に昇格された。
第二次世界大戦後、城内の神社に祀られていた
赤穂藩主・浅野氏の3代(長直・長友・長矩)
および、城外の赤穂神社に祀られていた、
浅野家の後に赤穂藩主となった
森氏の祖先の七武将(森蘭丸ら)を合祀した。


大石邸長屋門
DSC_0019大石邸 長屋門
☟ クリック拡大して お読みください
DSC_0020.jpg

DSC_1955旦那 - コピー

大石 の 文字が 流れた月日 語っていました
DSC_0022大石の文字

大石邸長屋門過ぎてでた参道。こちらは 正面横でした 
DSC_0030長屋門から大石神社へ参道

そして こちらに でるんですが 
DSC_0036 - 大石神社

立って 振り返る参道が 正式参道かなぁ って 思えました
 四十七士 石像☟

DSC_0038正式参道?石像

DSC_0032.jpg

表組 裏組 に分かれての 石像なのでしょうかねぇ☝ 


一歩入った境内風景 商いカラー テカテカ~

DSC_0039境内風景

 
以前きたときは こんなじゃなく もっとさむざむで

ああ 大石神社もええなぁ って 思えたんですが

境内商魂たくましく?感じ

早々 後にしたんですよ


♪♪ちよにやちよにさざれ~♪♪  

DSC_1966 - さざれ石






            



手抜きです へへ

               たーちゃん車アニメ





  
  こちらにも 書けばいいんですが
  写真取りこみがなぁ・・・・で
  手抜き しました

  よろしかったら 見てください 


  ヤフーブログ 花岳寺 です

          

赤穂 普門寺

心の修行足りない夫婦 摩擦も亀裂も大きい
 で これから ゆっくり 

 瀬戸内三十三観音霊場巡り
 することに。

     DSCN3174 - コピー

 第一番 不洗観音寺 は 倉敷なので終え

 次は 遠い 赤穂 8番普門寺 7番花岳寺に。

 
    普門寺 ☟
    
     DSCN3162 - コピー

 お札も納め 刻印もいただき 国指定重要文化財彫刻 木造千手観音坐像  一人300円納めて 拝せていただきました ☟

 普門殿に祀られています

 DSCN3160 - コピー
 


 コンデジ写真より 旦那さんの写真で。


DSC_1919 - コピー



☝ 一本造りだそうです

 DSC_1922 -



  左右四十二本の千手


  足は 左足 内下

  右足 外上に組む

  いわゆる 吉祥坐像 の 形式




    一歩外に出れば 観音様
    DSC_1924 - コピー


静かに 手を合わせて きたんだけれど

なぜか 車に戻れば 険悪

だってね また 次なる場所に 

なかなか たどり着けなかったんですよ

二人の精神修行は 続く~

    やまがら エンド動く

                                                      

岡山の鬼は 今

  鬼じゃ
                        ☚ うしねこさん 作です

 節分 間近



 おきゃあま(岡山)の 鬼

準備は えっかぁ

  岡山の鬼 用意はいいか


は~い 行くでぇ

  鬼加工




どっこい 豆 に 負けるなよ~
DSC_0257鬼じゃ


へ~い

 逞しく 全国あっちこっち 出向き中

 のっし のっし

鬼2加工いっぱい

こちら 全国区?有名豆まきウーシーマン☟

 負けじと豆まき練習中     
豆まき猫


                    ☝ うしねこさん 作です☟
鬼と福のライン




 福 笑う 二月で ありますように 

                                                      

  


独り言

水島七夕まつり 数年前の鬼写真です

                           
カウンター
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
プロフィール

たーちゃん

Author:たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

老いてゆく自分見つめの日常
見守り 見送る私から
見守られ 見送られる私に
ゆっくり ゆっくり 進行中

中国ランキング楽しんでいます
☟クリックしてくださったら嬉しいです

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム