FC2ブログ

日御碕神社で気になったこと 覚えに

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
02 /08 2020
日御碕神社で ちょっと 記事に残しておこうかなぁ と。


島根県出雲市にある日御碕に鎮座する神社。
式内社で旧社格は国幣小社ですが、社領は出雲国内で杵築大社(出雲大社)に次ぐ規模を誇りました。
出雲大社の「祖(おや)神様」として格が上であり、地元をはじめ全国から崇敬を集め、通称「みさきさん」と呼ばれています。
   とのこと ネット検索
DSCN9128.jpg


   ☝ 和布刈神事(めかりしんじ)のレリーフ
参道の右手にあり。
和布刈神事は、「13代成務天皇6年(350年頃)1月5日の早朝、1羽のウミネコが未だ糊の滴る海謀を口にくわえ来て
、宇竜港の権現島(蓬来島)頂上にある熊野神社(日御碕神社末社)の神社の欄干に掛けて飛び去ること3度、
それを見た社人は不思議に思い、直ちに浄水で洗い神前に供えたところ、
この海藻が和布(ワカメ)になった」という故事に倣って行なわれる神事。
      ネットより




DSC_4693.jpg

DSC_4678.jpg


大鳥居(重文)
御影石造の鳥居の前には朱色の欄干を持つ太鼓状の石橋が架けられ、鳥居を潜ると境内に。
元々この鳥居は、昔の参道入口の宇龍にあった、1935(昭和10)年に現在地に移された。
移転の際に銘が発見され、1639(寛永16)年に徳川家光が寄進したものと判り、
神社西の清江の浜入口に立つ家光寄進の鳥居と併せて国の重要文化財に指定。

  ネットより
スポンサーサイト



日御碕・・・・へ

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
02 /08 2020
  出雲大社参拝後 小腹すいたなぁ で 
 わたしと娘はぜんざい
     旦那と孫はソフトクリーム
               を ご縁横丁のお店で。
    旦那さんたちソフト食べてたお店は な なんと 
全国ご当地どんぶり選手権で「のどぐろ丼」が2年連続でグランプリを獲得
したお店
       ここじゃ


    まさに ご縁ですねぇ と 笑顔で お店を出て。
    あっ もちろん のどぐろ茶漬けはお留守番の孫に買いましたよ
   
    私たちは カーブカーブの海岸線を日御碕灯台目指します
     日本海岸線風景 わぁ 綺麗 と 感動する孫娘に
    よそ見するな 
海に落っこちたら ばぁちゃん およげんのんじゃけぇ

    と 注意喚起?
ちい子さんさく赤い車のライン


    が が わぁ わぁ と 孫娘

    車窓から見えた(らしい)神社
    寄ってみよう

ちい子さんさく赤い車のライン
     
   運転手は 孫娘(笑)
    到着先は 日御碕神社

日御碕神社9126

    ☝ 和布刈神事(めかりしんじ)のレリーフ

日御碕神社9131


    私は 見えませんでしたが 
視界に朱塗り鮮やかな社殿が飛び込んできたそうな。

      日御碕神社楼門9141

    なにせ 御朱印帳 購入したて。
    いっぱい いっぱい 神社めぐりするんだ そうで。

    日御碕神社は、『出雲国風土記』に
「美佐伎社」と記される歴史ある神社。
    神社は下の宮「日沉宮(ひしずみのみや)」と
    上の宮「神の宮」の上下二社からなり、
両本社を総称して「日御碕神社」と呼ばれます。
     とのこと。

     下の宮 日沉宮ひしずみのみや  天照大神
    天照大神DSCN9162

  上の宮には 天照大神の弟 素盞嗚尊が祀られています
    上の宮9145


   立派じゃなァ と 私たち

境内風景9155
朱塗り9142
コンデジで9164

望遠で_4850
DSC_4855.jpg


     孫娘は 出雲大社 神楽殿 そしてここ日御碕神社 
三つも御朱印いただけた と ニコニコ

      もう 5時が近くなってました
    ここから 日御碕灯台に行くのかなぁ でしたが
    車は帰路に~
   ちい子さんさく赤い車のライン

     なんでも 歩かれていた人に 👇 旦那さん撮影写真ですが
     出会った人に旦那撮影4696


     燈台迄近いですか   と聞けば
     かなりある と 答えたので やめたんだって
      うっそー <(`^´)> ネット検索では 徒歩8分とか
     ウミネコ 撮りたかったなァ・・・
     50年近く前行った日御碕灯台の今 みてみたかったなァ

    <モザイク


    
    日御碕神社から みた 経島ふみしま
       経島_4859
     
     ここには ウミネコが多くいるらしいですが 渡れません

      美しい 日本海の夕暮れ風景を
 瞬きシャッターで 心におさめながら
     あっちこっち 行くには 日帰りじゃぁ 無理じゃわなァ 
    って独り言いいながら また 倉敷に向かって 
    ちい子さんさく赤い車のライン


    島根県 わぁ 広島県に  おお 岡山県に戻ったど~ と 
    疲れ感じず 帰宅は21時前でした。
    その後 ふわふわふらふら頭がして 
    なんかおかしい になった いつものパターンでありました

      神おわします国は 
2月4日立春は晴れの国でもありました
    前日三日は節分祭でごったかえし だっただろうし
    翌日五日は寒い日 積雪だったかもなァ
    で 
四日に行こう         
    と 誘ってくれたNちゃん もってるかも(婆馬鹿)


   紅梅4845

帰宅して ネット検索したら 日御碕神社は
  出雲大社の 祖神(おやがみ)さま なんですってねぇ
  立派なはずじゃ
   朱 が 見事に鮮やかで 美しかったです

出雲大社

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
02 /05 2020
   2020年2月4日 立春の朝遅く
   そう 9時半しっかり過ぎて 山里発~
ちい子さんさく赤い車のライン

     運転歴2年 孫もうまくなったもんです
  すいすい 高速走行 3時間超

山陰道路地図 尾道から斐川迄


   無料駐車場に車停め
   あっ 変わっとる~ (@_@。
   が 我が娘 私たちの 第一声でした (^^♪

    出雲大社
   
    2013年8月私たちが  2016年娘が 参拝した時も
 二の鳥居は 木製でした 
     
この鳥居の下から 見える 一の鳥居
一の鳥居


    二の鳥居
二の鳥居


     三の鳥居 は 松並木参道に隠れて・・・・
松並木参道三の鳥居


       そして 今回私 撮影しなかったので
       旦那さん写真で 紹介 四の鳥居

      4の鳥居青銅

青銅 四の鳥居 頭低く くぐって 境内に。

拝殿と観察楼


    流石  祭神 大国主大神  うさぎさんが あちらこちら
大国主命とうさぎ
うさぎ

 うさぎ2

      かわいかったです (^^♪

   2013年記事 しましたので
   少しだけ  境内写真を。
 

    出雲大社は,島根県北東部に鎮座する古社である。
  境内は,国宝本殿を中心として三重に囲繞する垣によって区画され,
  本殿周囲には摂末社や宝庫が並び,南面中央東寄りに銅鳥居を配し,その南東には会所がある。
 これらのうち,銅鳥居は寛文度造営,楼門,八足門,廻廊,観祭楼などは
  寛文度の建物を延享度造営に際し解体移築したもので,
  他は延享度の新築とみられる。
  出雲大社の社殿は,国宝本殿と同時期に造営された
  質の高い建築群がほぼ完存し,
  わが国を代表する神社の一つである出雲大社の建築様式,
  及びその社頭構成を知る上で欠くことのできない貴重な遺構である。
  また,江戸時代中期における大規模な神社造営,
  整備の歴史について資料を提供するものとしても価値が高い。
     ☝ 文化遺産オンラインより


東十九社

   観察楼9062

   八足門

   
      西十九社9101


  神楽殿9109

       👆👇 神楽殿

    神楽殿9113

     見事な 神楽殿の注連縄
神楽殿注連縄9117


      孫は 御朱印帳 購入
 気持ちって言われても・・・どれだけ お金・・・・  
  と 悩んでましたが 二十歳の気持ちだけ 納めたようです (*^^)v

     おばあちゃん なに 撮りょん
     鳥   
    

    広角が良かったなァ と 後悔しつつ 境内 コンデジ撮影だった私も
    メジロ みっけ(^^)/
    で 大喜び 望遠持ってて よかった ~の一枚(^^♪

   ヤブ椿とメジロ


      ヤブツバキ と メジロちゃんです
  
    4日で一番うれしかった写真です~ へへ。

      長々記事で すみませんでした
          お辞儀する女性


明日もいい日で 吉備路素材

南山城跡 現地説明会に(旦那さんが)参加して

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
09 /09 2019
 わしゃぁ 気になっとる
 行ってみてぇ
  

 常々口にしていた 南山城跡 現地説明会 に
 9月7日土曜日 旦那さんは やっと 参加


    私は ナメクジ農婦 
  ひと鍬おろしては しゃがみ込んで
  笹根 草株 草球根 小石・・・など 拾いあげる~

   👇は昨日の作業写真 小さな町でも 時間がかかる

小町


     それに 2時から4時までの説明会
 そんな暑い時間出席したら 即病院送りになりそうで
 私は 行きませんでした。


       やがて なくなる城跡写真
 貴重と 撮りまくった 写真 私がブログ更新です

 (説明聞いた 旦那がすればベストなんですがねぇ)

  岡山県古代吉備文化センターでは 小田川合流点付替え事業に伴い
  南山城跡(みなみやまじょうあと)の発掘調査を平成29年4月から行っています
  この城跡は倉敷市船穂町柳井原(ふなおちょう やないはら)
  真備川辺(まびかわべ)に所在し
  小田川と柳井原貯水池(旧西高梁川)に挟まれた
  標高約67mの低丘陵上に立地します
  城跡からは 北川に高梁川・小田川沿いの平野を広く見渡しことができます
  南山城跡は戦国時代(16世紀)に築かれた山城で、 
 頂部に曲輪(くるわ) 頂部南側に腰曲輪(こしくりわ)を構え
  曲輪には虎口(こぐち)、土塁(どるい)、横矢(よこや)を設けています
  さらに 曲輪の周りに急勾配の切岸(きりぎし)、
 城域の西端に三重の堀切(ほりきり)
  北斜面と東斜面に複数の竪堀(たてほり) 
 傾斜の緩やかな南斜面には
  畝状竪堀群(うねじょうたてぼりぐん)を設けており
  敵の侵入を防ぐための多様な工夫がこらされています
  今年度は頂部の曲輪と南側斜面の諸施設を中心に調査を行っています
  調査によって 土塁や畝状竪堀群などの防御施設の実態が判明したほか
  城内からは複数の堀立柱建物(ほったてばしらたてもの) が見つかり 
城内の生活を物語る遺物も多く 出土しています

    ☝は 令和元年9月7日(土)・8日(日)の現地説明会資料からです


      ☟は 今朝 娘から至急 支給 メール届いて 清音まで~

   blog_import_5d293781e351c.gif


     帰路 高梁川土手から 撮って見ました 

高梁川土手カラ

  コンデジだけれど   大きく~

  大きく


     さて 本文(笑)
 旦那さん撮影写真で さら~と。


   駐車場から歩く


      駐車場から 歩いたそうですが 結構キツイ
 でも 誰一人 暑い しんどい なんて発しなかったそうです



    虎口DSC_2937


    ☝ 虎口 城や曲輪の出入り口だそうです。

      ☟ 現地風景 翌日地元新聞には
         参加者 300名と書かれてました 
         県外の方も多かったそうです


参加者300人DSC_2926


畝状竪堀軍DSC_2957



       ☝ ☟ 畝状竪堀群 

    堀は地面を溝状に掘削した防御移設。
南山城跡では 尾根を断ち切るように掘られた堀切
   斜面を縦方向に下るように掘られた竪堀、
 竪堀を連続して並べた畝状竪堀群が確認された  


 横堀DSC_2958

堀切 ☟
   堀切DSC_2925



    掘立柱建物DSC_2904-001
    掘立柱建物 とは 地面に掘った穴に直接柱を立てる形式の建物  ☟

掘立柱建物DSC_2904


     切岸 
   敵の侵入を阻むため 曲輪周囲を人工的に切り崩したもの 

   曲輪 腰曲輪 とは
       尾根や斜面を造成してつくった平坦地を曲輪とよぶ
       腰曲輪は 
       主要な曲輪から下がった斜面上に設けられた曲輪のこと 


    城跡からの眺めは最高だったそうです


眺めDSC_2946


    昨年の豪雨で甚大な被害もたらした地

  河川付け替え工事は 必要です
   が が 山ごと削られちゃって やがて姿消す 南山城



南山城跡発掘調査DSC_2943


南山城跡DSC_2901


    美作 備前 備中
    三国に分かれていた時代 
    三村が 宇喜多が 毛利が・・・と
    国盗り合戦 の 騒乱の世 
    駆け抜けていった武将の魂がそこに・・・
     ロマン感じますねぇ・・・・・


     ※ 記事内 専門用語?説明も 説明会資料 
       引用させていただきました

                 台風アニメ 日本地図あり 台風にご注意

        


      大きな台風 通過地域の皆さま 
     大丈夫ですか?
     お気をつけて。     



         

藤戸寺 夏椿

史跡  ( 神社 仏閣 他 )
06 /21 2018



雨が上がると 気温も上がって 暑かった今日午後
たくさん毎日収獲で 
          困ったなぁ な 胡瓜 
親戚のおねぇさんに 貰っていただこうと 藤戸に~






近くの 藤戸寺に 寄ってみました (^o^)/





亡きお姑さんと縁日にお参りした時
 北向きのお地蔵さんじゃ
って 教えてもらいました


 この お地蔵さんの視線の向こうには 盛綱橋があるんですよ


20年前になるでしょうか
やや 不安も覚え始めてられたお姑さんが
呆けないようにと 頭を一生懸命なでてましたっけ


 過去 何回も記事にもした藤戸寺ですが
今年の夏椿 平家物語で描かれる沙羅双樹の花を観に~
が 今日の目的。
 でも 23日 24日 が 沙羅の花を観る会 で



鉢植えの花を撮って 我慢でした





何度も 参加してる旦那さんですが 今年も
日曜日にこようかなぁ 
          だって (^o^)/
 私は 年で 一人時間が多いので 大勢の中に出かければ
後遺症?疲労が・・・なので パスです


 近くで咲いていたビョウヤナギ 綺麗でした



互いの美しさに見惚れて 見つめあう~ (^o^)/



  暑かったんですが ここまで来たんじゃと
種松山の紫陽花を見て 山野草園に なんか咲いとらんかと
車走らせましたよ~
  そして 帰宅した夜は やっぱり疲れたァ です~

峠のぼそぼそ
 お姑さんとお参りしていた頃は 毎月旧の21日が縁日。
 藤戸寺は露店の店も多く並び 大賑わいでした
 今日 親戚のお姉さんが言われてましたが
 今は縁日新で 今日21日朝は大勢の参拝者だったそうです
 バスで参拝 もあったそうです
 今は 沙羅双樹の花 観賞も兼ねてだったのかな?
 私は 午後ゆっくりでしたので 境内はがら~んでした

峠 美千子

FC2ブログへようこそ!

日々 出来なくなってゆくこと増える 自分見っけの
  楽しくも 哀しい? 日記です